We’ll Meet Again

 

We’ll Meet Again (2020)

We often understand nature through the human self-important way. Even food that looks ‘fresh’ is in the process of decay. We only notice changes when they are significant, but we live in a world of constant change.
A rotting thing is teeming with life. When things decompose, they are broken down and recycled into the ecosystem. The universe recycles. The atoms within us have already been a myriad of different things. We have been mountains and rivers. After we are gone, we will go on to be a myriad of new things.

Humans have always sought for immortality – but in fact, we might be the body cells of eternal life, which are allowed to exist until we become rusty and finally start being replaced.

 

万物が変化し流転する世界に住んでいることを、私たちは普段忘れている。

腐った食べ物や死んだ動物は、ある意味で 生命のエネルギーに満ちている。分解された個体から解き放たれた原子は生態系の中で再利用され、新しい生命の材料となる。 今私たちの身体を構成している原子はかつて山やリンゴ、また他の生き物の一部だったかもしれない。私たちが死ぬと原子は再び自由になり、何億年もの間さまざまなものに姿を変えて存在し続ける。

細胞にとっての死が個体の生を生むのと同じように、私たち一人ひとりがいずれ死ぬことが種全体の繁栄を生み、生物種の栄枯盛衰が全体としての生命を存続させることに思いを馳せると、死や腐敗は生命が進化の過程で獲得した賜物であり、私たちは最初から永遠の命の一部として存在しているのかもしれない。