Our Lady for Sale

Our Lady for Sale

Max Weber has located the origin of capitalism in Christianity (Protestantism). The figures of the Virgin Mary portrayed in this series were purchased online by the artist and were mass-produced in China, which officially adopted atheism as state policy. Christianity is viewed as Western philosophy and is considered a threat to the authority of the communist party of China. How can we understand the ambivalence of the modern capitalistic world where Christian statues are manufactured solely to make a profit without any religious sentiment in a socialist state?

Weber has argued that when the pursuit of wealth becomes the primary reason for economic activities, stripped of its religious and ethical meaning, our obsession with material wealth could become “an iron cage”.

Our Lady for Sale

マックス・ヴェーバーは、プロテスタント教会に資本主義の起源があると考えた。 作者がインターネットで購入したこれらの聖母マリア像は、無神論を国家政策として採用する中国で大量生産されているリンク)。 中国共産党にとってキリスト教は党の権威を脅し得る西洋思想であり、 近年反宗教政策を強める当局は、中国国内のキリスト教会の取り壊しや十字架の剥奪を行っているリンク)。

ヴェーバーは、富の追求が我々の経済活動の主目的と化し、その宗教的・倫理的意味が問われなくなったとき、私たちは「鉄の檻」の囚人、物質主義の奴隷になるだろうと唱えた。

この奇妙な顔つきのマリア像たちは、中国において宗教的意味を剥奪され、純粋な市場での利潤獲得のためだけに製造されている。 キリスト教の牧師や司祭の投獄を行う社会主義国中国リンク)で、キリスト教聖人像が大量生産されている矛盾。私たちが生きる現代資本主義社会をどのように理解すればよいだろうか。