Luxury beyond Death

 

Luxury beyond Death (2018)

The series portrays the paper offerings that are traditionally burnt for the deceased on their death anniversary in Vietnam. According to the local religion, once people die, the souls become reincarnated in the underworld. Because it is believed that the deceased need their home comforts and luxury items as much as the living, people burn the paper effigies so the goods are transferred to the afterlife in the smoke and are received by the dead.

Besides fake bank notes, various kinds of paper effigies are burnt – all necessities that a typical middle-class earner would own: houses, perfume, credit cards, toothbrush and clothes. Many of them imitate luxury brand items such as Rolex and Nike. Similar rituals are widely practised in Asia including China, Taiwan and Singapore. This funeral practice provokes the following questions:

– Ghost money lacks purpose to the living, but the billions of dollars that we generate also become inaccessible to us in death — then what’s truly valuable in life?

– If there is a life after life, how do we know that the life we are leading is not an afterlife itself of a different world? 

 

 

アジア諸国の法要において、死者に金銭や物資を届けるため燃やされる模造品「冥器」を撮影した。その品目は携帯電話から香水、クレジットカードまで多岐にわたる。紙製の富は煙を介して死者に届き、その懐を潤すとされる。この習俗によれば霊魂は不滅であり、死の向こう側には現世とそう変わらない「あの世」が続いている。一度肉体を去った死者は死後の世界でふたたび人の形をして、洋服に袖を通し携帯電話で通話することができるのである。また冥器には高級ブランドのロゴマークが重ねられているものが多い。物質主義も肉体の死を乗り越えるのだろうか。

この世で「本物の」通貨はあの世では紙切れにすぎず、 冥土の紙幣はこちらでは用を為さない。生きていれば億万の価値も死ぬ時にはゴミに等しいのならば、本当の価値はどこに存在するのか?

生まれてから死ぬまでずっと「生きている」状態の私たちは死の向こう側を知ることができない。ならば、私たちが生きているこの世界がある次元から見た死後の世界である可能性は否定できるだろうか?