Cabinet of Life

Cabinet of Life (2017)

A photography project that approaches the issue of whether or not the soul exists.
These fish wander between the boundary of animate and inanimate. The fish tank is a life-sustaining device but it could also be a cabinet of death.

“Cogito ergo sum” (I think, therefore I am) is a well-known phrase by René Descartes. According to the philosopher, it is impossible to know whether a spirit dwells in others. In fact, all we do is to assume that they are beings with minds. Science can uncover only half of the picture of the soul or consciousness.

Four billion years ago, the Earth was a lifeless place. Nothing struggled, thought, or wanted. Looking at the universe, you will see the majority of the space we explore is lifeless. This tells us that the natural state of life is death, and being alive is itself an exemption.

So where does this miraculous state of life come from? And can they survive the death of the body?


水槽という生命維持装置に入っているだけで私たちは魚が生きているのではないかと疑ってしまう。デカルトは他者に精神が宿っていることを証明するのは不可能だと説いた。
「生きている」とは目に見えない不確かな状態だからだ。そして死は生を受けた全ての者が直面する圧倒的な力である。
この魚たちの魂はどこから来てどこへ行ったのか?そしてまた私たち自身の魂はどこへ行くのか。意識は肉体の死を乗り越えることができるのか?
宇宙を見れば、万物の本来の状態は死であり、そもそも「生きている」ことは異常なのだとわかる。死せる者を生きているかのように扱う行為の虚しさと滑稽さは、永遠の命を求め死の不可逆性を覆そうとしてきた人類の姿に重なる。
ここに写っている魚たちは魂の去っていった空の容器であり、我々もまた生ける屍である。


Concept /Artwork Kyoko Takemura
Photography Nick Dunne